2012/07/30

Bloggerとsafariは相性悪いかもしれない
〜だってこの海は"Apple-style-span"でいっぱい〜

Macを使っています
ブラウザは
Safariをメインに使っているのですが

どうもBloggerとの相性が
悪いような
気がする

Blogger初心者なので
ぼちぼちと書き込みながら
ウェブ上の挙動を確かめつつ
やっているわけですが

いきなり
思ったように表示されず
改行の数が多かったり

書き直しても
直らなかったり

HTMLを見てみると
わけがわからんことに
テキスト1行ごとに
いちいち
スタイルを指定するタグやら値が

「<span class="Apple-style-span" style=……」
……のあと
フォント指定など長々と続くんですが
このアップル・スタイル・スパン野郎に1行1行
まぁくあっぷされて
たいした分量でもない内容が
膨大な文字数で
あっぷあっぷ状態に

何というか喩えるなら
男子校の全校生徒全員の服装を
「右から一人目の生徒は紺の上着と紺のパンツ、黒い靴を履いています」
「右から二人目の生徒は紺の上着と紺のパンツ、黒い靴を履いています」
「右から三人目の生徒は紺の上……
もういい!
どいつもこいつも同じ制服着てるんだろ! 
わかっとるわい!
……と永遠にちまちま格好を説明される感じ

本来
必要なら一括して
スタイルを指定するはずだろうし
そもそもHTML上で指定することも
今はあまりしない
ひどい箇所では脈絡のない所で
1行のなかの単語すら分断して
かつ全く同じ内容のスタイル指定を
またやってる始末
あまつさえ
どさくさに改行タグが
へんなところにダブって入ってたり

この"Apple-style-span"とは何ぞ?
と調べてみると
WebKit由来のものらしい
うぇぶきっとぉ?
もうその辺りまでくると
よくわからんですよ

まあその
キット由来のバグ?
だから
SafariやGoogle Chromeなどで
出る症状みたいです
たぶん

見た目には
わからないので
気づかないままで
読み込みが遅くなってしまってる人も
結構多そうな気がする

======

ソフトやら
プログラムやらを
どうにかすることは
あっしには出来ないので
自分の範疇における
原因と対策を

「SafariのBlogger投稿ページ上でテキストをいじると、"Apple-style-span"が!」
→「プレーンテキストで下書きしたものをコピペするなりして、ページ上では極力いじらない」
……僕の場合、投稿ページ上の書き込みが明朝体になるので、それをゴシック体に直したり(ラテン文字フォントのセリフ体指定を、サンセリフ体に指定したらそうできるんだけど)などしたら、スパンがスパンッと出てきてたようです。本文テキストのスタイルは、新しいBloggerのテンプレートデザイナーなら「カスタマイズ」で大外から指定されるので、編集画面上では出来るだけ指定しない。気にしない! 我慢すること!

「Safari上のテキストをそのままBlogger投稿ページにコピペしたら、"Apple-style-span"が!」
→「Safari上のテキストをコピペしたい場合、一旦エディタなどでプレーンテキストにしてから、ペーストすること」
……Facebookなどに投稿したものを試しにコピペして使った時に、スパンがスパパンッと出てきてたようです。前のブログでは平気だったのになあ。投稿ページは「HTML編集」に簡単に切り替えられるので、そこでHTMLではどう記述されているのか確かめるのもいいでしょう。最後のひと手間ね!

以上のように
原因を推測し
対策を施したところ
"Apple-style-span"は出なくなりました
いずれにしても
最後にHTMLに切り替えて
確認してから
公開することをお奨めしておきます

見た目は変わりがないから
どうでもいいよという人
いるかもですが
塵も積もれば山となる

挙動がおかしくならないうちに
エレガントに
しておくに越したことないですよ

"Apple-style-span"でいっぱいの海に
気づいてしまった貴方に
役立ちますように……

0 件のコメント :