2013/07/05

『手飲み珈琲の店、おかわり自由』


   登場人物
    部長
    課長
    社員
    ウエイトレス



     部長、課長、社員、喫茶店に入ってくる。


部長 それでね。私、言ってやったんだよ。「ここはアメリカじゃないぞぉぉ!」ってね。


     一同、笑う。


部長 おっ、意外に空いてるね。

課長 そうですね。じゃあ、この辺りに。


     一同、座る。


社員 「手飲み珈琲の店、おかわり自由」……?

部長 おっ、君もこういう店、入ったりするの?

社員 いやあ、初めてです。

課長 我々はよく利用してるんだよ。ね、部長。

部長 ああ……じゃあ桂くんもコレ(両の手のひらで受けるようなポーズ)いっとくかい?

課長 そうですね、コレ(同じポーズ)いっときますか。

社員 ……コレ(ぎこちなく同じポーズ)ですか?

部長 ウエイトレスさん!


     ウエイトレス、あわてて出てくる。


ウエイトレス はーい。お待たせしましたー。ご注文のほう、お決まりでしょうか?

課長 手飲み珈琲、3つで。

ウエイトレス 手飲み珈琲、3つですね。以上でよろしいでしょうか? かしこまりました。では、すぐお持ちします。マスター、手飲み手飲み手飲みでーす!


     ウエイトレス、去っていく。


社員 あの、ところで手飲み珈琲って…

課長 桂くん、君に聞きたかったんだけど。今の日本経済をさ、相撲に例えると、君なら何と解くかな?

社員 へ?

部長 我が社が雲竜型か不知火型かと聞いとるんだよ。

社員 えっ……う、雲竜型……ですか……?

部長・課長 …………。


     部長と課長、顔を見合わせる。


部長 ははははは、さすがは桂くんだ。私がバンダイナムコから引き抜いただけのことはある。

課長 うらやましいなぁ。いきなり幹部候補だもんなぁ。部長、我々もウカウカしてられませんよ。よーし、明日からがんばりバリバリバリタンクだ!


     一同、笑う。


社員 いや、何だか汗出てきたな。(おしぼりを使おうとする)

部長 おい君! ……おしぼりはまだ早いだろ。

社員 は、早い……ですか……。

課長 ああ、まだその時じゃない。今使うとあとあと大変だぜ……ほら、巻いてやるよ。(クルクル)

部長 いや、それでね。あの時の話だけど……驚いたよ。悪魔超人ってすごいね。超人ってのがそもそもすごいんだけど、その上悪魔だよ。戦ってる相手の腕を自分のものにしてしまうんだ。私もこの前、腕を…


     ウエイトレス、出てくる。


ウエイトレス お待たせしましたー。それじゃあ、お願いしまーす。


     ウエイトレス、部長、課長、そして社員の手にコーヒーを注いでいく。


部長 ……。

課長 ……。

社員 うわっあっあつ、あつあつーう!(こぼしてしまう)

部長・課長 あーあーあー。

社員 あーあーって、あんた達熱くないのか!?

部長 んーん。

社員 熱いんだろ?

部長 うん。いや、だからなぁ、よう、ふうふうしてな。(フーフーして飲む)おいしいなあ。

課長 おいしいですね。

部長 おいスィなあ。

課長 おいスィですね。

社員 なんで「おいスィ」やねん。

部長 おいスィのスィは。

課長 コーヒーのC(スィ)ですね。

社員 おもんないねん。

部長 いやぁ、目が覚めるねぇ。

課長 手のひらから舌先、食道から胃までヒリヒリしやがりますもんね。


     部長、課長、おしぼりで手を拭く。


社員 そんで、今なんかい。

課長 何が?

社員 おしぼり。

課長 YES。

部長 桂くん、ここおかわりできるから、君したらどうだい? こぼしちゃったし……。

社員 いえ、僕はもうけっこうで…

課長 君! せっかくの部長のお勧めを、まさか断るということは…

社員 い、いえ! 分かりました。せっかくですから……とほほ。

課長 ウエイトレスさん、彼におかわりお願い。我々はいいから。

ウエイトレス かしこまりましたー。(ジョボジョボ注ぐ)

社員 ぅあつっつーう。……ぐ、は、はは……ええぃ、ままよっ!(飲む)

課長 それでですね、先程の部長のお話なんですが、どうも私には納得できない点が……。

部長 いや、だから実際には死んでないんだよ。あれは比喩というやつで。しかし、38年の時点で升田九段は死んだと私は…………


     社員、ウエイトレスに注がれるまま、わんこそば状態でコーヒーを飲んでいる。

     暗転。おわり。

0 件のコメント :