2013/07/09

『ポケットの中の戦争』

登場人物

  • ヒーロー
  • 悪の組織・幹部
  • 第一の刺客
  • 第二の刺客
  • 第三の刺客
ヒーローの前に、悪の組織・幹部が立ちはだかる。

悪の組織・幹部 ふはははは、待ちかねたぞ。スペシャルヒーロー仮面GX!

ヒーロー お前は、悪の秘密組織「ノスカール」のポンパン伯爵か!

悪の組織・幹部 なんで秘密なのに、我々の結社を知ってるんだよ! くそ。いかにも、私が裏少林寺拳法の使い手、ポンパン伯爵だ。今日こそはお前を倒させてもらうぞ!

ヒーロー そう簡単にいくかな?

悪の組織・幹部 余裕のよっちゃんか? いいご身分だな! しかしな、今日はそのよっちゃん顔がいつまでつづくかだな! お前のウィークポイントを蓄積しまくり、徹底的に攻め込むためにつくられたと言っても言いすぎではないだろう、すごい人を連れてきた。第一の刺客だ。出でよ、ドラちゃん!

第一の刺客 こんにちは。

悪の組織・幹部 ふははは。すごいぞ、ドラちゃんはな! ものすごいポッケの持ち主だ。これを持てば世界征服の一つや二つ…

ヒーロー エイッ。

第一の刺客、ヒーローの攻撃を受け、倒される。

第一の刺客 びぃ。

悪の組織・幹部 か、か弱いドラちゃんに、何てことをするんだ! 彼女は私の母親になってくれる人だったんだぞ。……お、お前は攻撃することでしか、自分を表現できないのか? お前の言葉は暴力だけなのか! お前のなかで男らしさとは、そういうことなのか? お前の正義とはこんな薄ぺらなものなのか!

ヒーロー い、いや……そういうことを言われても……。

悪の組織・幹部 くっ、……くくくく。……ははははは。おい、憶えているか? 

ヒーロー な、何のことだ?

悪の組織・幹部 俺様は、ドラちゃんのことを「第一の刺客」と言ったよなあ! ふぅ、危ない危ない。卑怯な貴様のことだ! こんなこともあろうかとな、用意していたぜ! 第二の刺客をな!

ヒーロー ズガム!

悪の組織・幹部 いでよ、第二の刺客。はっとりさん!

第二の刺客 ニンニンー!

悪の組織・幹部 ひひひひひ。ビビっとるなぁ、おみゃー。はっとりさんはな、すごい術とか法とかが使えるんだぞ! 木の葉隠しとかな、手裏剣をしゅしゅしゅ投げたり、寝る時は天井に布団を敷いて寝るんだぞ。は、はっとりさぁーん、あれやって。あれやって見せてあげ…

ヒーロー うりゃっ。

第二の刺客、ヒーローの攻撃を受け、倒される。

第二の刺客 ニントと?

悪の組織・幹部 な、何をするんだ! ……はっとりさんは我々の知恵袋だったんだぞ。……知恵袋だ! ……はあ、そうか。穏やかに暮らしたい人々の姿に、お前の瞳は閉じて、という訳ですか! 「ペンは剣よりも強し」反対派か。一体、どれだけの血を流せば、お前のいう正義とやらは得られるんだ? 一度でも考えたことはあるのか? 一度ゆっくり考えてみてくれよ!

ヒーロー いや、これはそういう型というか、役割で…

悪の組織・幹部 何だよ、それ! 俺たちの戦いはお飾りか、モデルハウスなのか?

ヒーロー よ、よく意味が分からないんだけど。

悪の組織・幹部 もう怒った。怒ったゾォォォ! この人だけは呼びたくなかった。我々が支配するであろうこの世界すらをも、崩壊させる危険があるが致し方ない。それもこれもスペシャルヒーロー仮面GX、貴様のせいDAZO!

ヒーロー も、もうやめろよ。

悪の組織・幹部 寿退社で引退していたところを無理にお願いして来てもらった第三の刺客、くみこくんだ!

第三の刺客 ゔばあああああ!

ヒーロー フッ。ようやく、まともに戦っても怒られないモンスターが現れたようだな。

悪の組織・幹部 彼女の能力は我々の科学力を以てしても測定不能、未知数だ。跪け! 命乞いをしろ。どうせ…

ヒーロー うぉぉぉぉぉ! ジャンピングストーン!!

第三の刺客、ヒーローの攻撃を受け、倒される。

第三の刺客 うっぎゃぁぁぁー!

悪の組織・幹部 や、やめろぉぉー! 彼女はまだパー子さんに変身する前だったんだ。パーマンだよ、知らないのか? 貴様もヒーローの端くれなら、変身モノの仁義くらい分かりそうなものだがな! ……卑怯すぎるぞ……どうして、お前はそう急ぎすぎる? ヒーロー気取りか。お前の胸に、穏やかな風が吹くことはないのか? ここはルール無用の金網デスマッチだとでもいうのか? お前の言う正義の名のもとに、一体何人の人たちが傷つけられてきたと思ってる? 癖(へき)か? 癖で人を傷つけるのか?

ヒーロー だって……

悪の組織・幹部 おいおい、そういうことか。少しくらい話すのが苦手だからって、暴力をふるってもいいってわけか? とんだレトリックだな!? ヒーロー様、さまさまか!

ヒーロー …………う、うわぁぁ。

ヒーロー、自分から倒れる。

悪の組織・幹部 おい、どうした? ……や、やった。勝った。勝ったぞ、勝利したぞ! ドラちゃん。はっとりさん。くみこくん。起きて。我々が勝利したんだ! 起きて、起きて! よーし、ワタミで祝勝会だ。奮発しちゃうぞー! はっはっはっはっは……

悪の組織・幹部、第一の刺客、第二の刺客、第三の刺客、和気あいあいと去っていく。
しばらくしてヒーロー、自ら立ち上がり、一灯だけ点いているスポットライトの中に入っていく。

ヒーロー か、母さんは僕がやられてもいいっていうのかい? せ、戦争なんだよ。

暗転。おわり。

0 件のコメント :