2014/11/17

着物脱ぎ落語も終わって落ち着いて英語の古層に包まる冬


英語落語に
格闘している時
やたらと英語関連の本が読みたくなる

ので
少々関連書を買ったりする
とにかく短期間で話せるようになる
というものや
根源的な英語の話であるとか
それぞれの言葉が持つ世界の捉え方
みたいなのを掴みたくて
そういうものを
掘り起こしているような本を探し
これを下敷きに
海外の方とも英会話するでえ
するでえ
と思うのだが

もちろん
そんなことをしてる時間は
毎回なくて
モタモタしてるうちに
英語で落語とにかく覚えないとタイムに
突入してしまう

ようやく落ち着いたので
ちょっとずつ
買った英語関連の本を読んでいる
今は
ベーシック・イングリッシュ
というものの本を

さる英国の人がね
英語の辞書をつくろうとした時
多くの単語の意味を説明する言葉が
結構しぼられることに
ごく根源的な基礎的な言葉で
説明していることに
気づいた人がいて
それで
単語数を制限した英語を設定し
そこから
英語が母語でない人は身につければいいんじゃない
という感じの英語が
ベーシック・イングリッシュ

他にも
簡単な使いやすい英語を
ということで
制限した英語を作ろうという
ものはいくつかあるみたいだけど
ベーシックは
英語という言葉がもつ
言葉の編み方
みたいなのが見えて
良いみたい
ぼちぼちと学べよ俺

0 件のコメント :